MENU

シャッターに使用する材質

工事現場

信頼する業者に任せる

外壁や屋根のリフォームで高い評判を得ているオンテックスですが、様々な材質や機構を取り入れたシャッターの評判も高くなっています。オンテックスは全国に36支店を構えているように全国の気候に合わせたシャッターを取りつけてくれます。オンテックスのシャッターはアルミ製のものもあれば、ステンレス製のものやスチール製のものもあります。また自動的に開閉するものもあれば、手動式のものもあります。これまで雨戸というと横開きのものが多かったですが、最近では一般住宅でも防犯や断熱や遮音のために縦開きのシャッターを取りつける家が増えてきました。どの材質のシャッターを選んだとしても、高い防犯や断熱効果を発揮しますが、材質によって強度と錆びやすさが異なります。アルミやステンレスは錆びに強く、ステンレスやスチールは強度があり、アルミは最も軽い特徴があります。スチール製のシャッターはアルミやステンレスといった他の材質より安価という特徴もあります。海の近くや水が溜まりそうな場所は錆び対策が必須ですし、手動式シャッターでも開け閉めを軽くしたいのであれば、アルミ製のシャッターがお勧めです。重いシャッターを力いっぱい開け閉めしていると、中に入っているばねに大きな負担がかかってしまうため、劣化が早くなってしまいます。どんなシャッターを取りつけたらいいかは自分ではなかなか判断することができないため、信頼できるオンテックスに任せるのが一番です。

Copyright© 2017 家の外観を一新したいなら|オンテックスにリフォームを依頼しよう All Rights Reserved.